ダクトレール照明で暮らしに彩りを!DIYでも楽に付けられる?

ダクトレール照明で暮らしに彩りを!DIYでも楽に付けられる?

 

 

マンションを購入後、部屋の雰囲気を変えたいとDIYを考えている人もいるのではないでしょうか。

 

中でも照明器具は、一人でも手軽に挑戦できるDIY1つです。

 

今回はダクトレール(ライティングレール)を使用した、照明のDIYについてご紹介していきます。
 
 

 

DIY照明:そもそもダクトレールとは?

 

お部屋に合わせて長さを調節できる

 

ダクトレールとは、複数の照明をレール上に自由に配置できる便利な照明器具のことです。

 

レールの内側に電気が流れているので、レール内のどこでも照明を設置しアレンジをすることが可能です。

 

配置する場所も、お部屋に合わせて自由に配置することができ、1本や2本並列、十字や四角、コの字やL字など、バリエーションが豊富にあります。

 

電源が確保されていれば、さまざまな配置でダクトレールを取り付けることができ、楽しめるのは嬉しいポイントです。

 

また電気を通すことができれば、壁や柱への取り付けも可能で、お部屋のアクセントになってくれます。
 
 

 

DIY照明:ダクトレールを取り付けるメリット

 

 

ダクトレールのメリットとして、長さをお部屋に合わせて調節できる点が挙げられます。

 

購入したダクトレールが長すぎるときには、自分の好みの長さに切断することで、調節することができますよ。

 

またダクトレール照明は、カフェや美容院などの店舗でも使われることが多く、手軽にお洒落な雰囲気を作り出せるメリットもあります。

 

お家でカフェのような気分で食事やお茶ができると、毎日が楽しくなりそうですね。

 

さらに、その時の気分やイメージで手軽に照明を変えることも可能です。

 

照明にはスポットライトやペンダントライトなど、またシェードにも種類が豊富にあるため、お部屋の雰囲気を変えたくなった時に、付け替えが簡単にできるのもうれしいポイントです。

 

ダクトレールには、植物をつるしてみるなど、後からのアレンジも可能です。

 

理想のお部屋をイメージして、飾り付けることができますね。

 

ダクトレールに照明をつけた後に「想像より暗い」「もっと光を散らしたい」と感じたときにも、すぐに付け足すことが可能です。

 

初めてのDIYでも、失敗が少なくすみそうです。

 

照明の付け足しも簡単ですが、反対に取り外しも簡単です。

 

照明を付けてみたけど「ちょっと雰囲気と合わなかった」と思ったときもすぐに変更できます。

 

その時の気分に合わせて、簡単に自分好みに変えられそうですね。

 

またダクトレールは、1つのスイッチをオンオフするだけで、複数の照明をつけたり消したりすることができます。

 

11つ電気のオンオフをしなければならないとなると、日々の利用に手間がかかってしまいますが、ダクトレールの使用で手軽に扱える点でも、メリットがあります。

 

このように、ダクトレールを使用した照明のDIYはメリットが多いことがわかります。
 
 

 

DIY照明:ダクトレールの取り付け方

 

電気工事をしなくても取り付け可

 

部屋のローゼットやシーリングに取り付けることのできる「簡易取付ダクトレール」が売られています。

 

これを使うことで電気工事をしなくても、自分でペンダントライトやスポットライトを取り付けることが可能です。

 

まずは、天井にもともとあるシーリングライトなどの照明を取り外しましょう。

 

取り外したあと出てきたシーリングに、簡易取付器具のツメを差し込みます。

 

しっかりと接続できたことを確認したら、取付金具のツメを、先ほどの簡易取付器具の凹部へはめ込みます。

 

この時に、好みのレールの向きを決めて、その向きに固定しておきましょう。

 

次に、レール本体に装着してある、落下防止チェーンを簡易取付器具に取り付けます。

 

転落による事故防止になりますので、必ず行うようにしましょう。

 

取り付けた簡易取付器具のコネクターと、レール器具本体のコネクターを接続します。

 

仕上げにナットで取り付け金具とレールを固定し、天井とレールが平行になるように調節すれば、ダクトレールの取り付けは完成です。

 

次にダクトレールに照明をつけていきます。

 

ダクトレール用コネクターと、好みの照明器具を準備しましょう。

 

ダクトレール専用プラグに、照明のコードを装着します。

 

専用プラグをダクトレールに取り付け、回して固定すれば完成です。

 

このまま、左右に照明を移動させることも可能になっています。

 

複数の照明をつけたい場合は、ワット数を確認してから取り付けられるか注意しましょう。
 
 

 

DIY照明:ダクトレール設置で気をつけること

 

 

取り付けしやすいダクトレールを設置する際には、注意点がいくつかあるので確認していきましょう。

 

①ダクトレールを設置する際には、上向きにして使用することはやめましょう

 

レール内にホコリが入ってしまい、火災の原因に繋がることがあります。

 

4m以上繋ぐ場合には、アースを取り付けるようにしましょう

 

内線規程に記されているので、事故を起こさないよう守りましょう。

 

③照明を調光したい場合は、調光器と調光対応の電球を使用するようにしましょう

 

また調光器の種類も確認し、LED対応の調光器の場合は、電球もLEDを使用するようにしましょう。

 

④ダクトレールに照明をつけるときには、向きが決まっていますので注意が必要しましょう。

 

堅くて取り付けられない場合には、向きが反対になっているかもしれませんので、向きを180°変えてみてください。

 

⑤ダクトレールの取り付けは、場合によって接続を電気工事士がやらないといけないこともあります。

 

簡易取付ではないダクトレールを使用したい場合などには、必要に応じて専門の方にお願いして取り付けをするようにしましょう。
 
 

 

DIY照明:ダクトレール照明の違い ~スポットライトとペンダントライト~

 

次にダクトレール照明でよく使われる、「スポットライト」と「ペンダントライト」についてご紹介します。

 

 

 

スポットライトとは

 

 

 

スポットライトは特定の場所に集中して、強い光を当ててくれる照明です。

 

天井と同色のスポットライトを使用するとナチュラルな雰囲気になり、黒などのカラーを選ぶと、部屋のアクセントとして際立ちます。

 

シンプルなデザインのスポットライトにすることで、お部屋をスマートに見せる効果もあります。

 

お部屋のインテリアをピンポイントに照らすので、印象的な雰囲気をつくりだしたい場合に使用するのがおすすめです。

 

 

 

ペンダントライトとは

 

 

 

ペンダントライトは、ペンダントのように吊り下げられている照明のことを言います。

 

電球の周りにシェードが付いているものは種類が豊富で、選ぶのも楽しいです。

 

シェードがあることによって、照らしたい部分を効果的に照らし、やわらかな光で雰囲気作りができるのが特徴です。

 

シェードの種類によっては、光の広がりが狭くなり、暗めに感じるようなものもあります。

 

ガラスや針金などを使用した透明のシェードもありますので、明るさが欲しい場合には検討してみても良いでしょう。

 

シェードなしで使用することで、明るさを確保する方法もあります。
 
 

 

DIY照明:ダクトレール照明の電球の違い

 

「LED」「蛍光灯」「白熱灯」3種類の電球

 

次に電球の種類についてご紹介します。

 

ダクトレールの照明に使われるのは「LED」「蛍光灯」「白熱灯」の3種類で、LEDは、寿命が長いことが特徴で、振動や衝撃に強く、安全面に配慮されています。

 

さまざまな色を出すことができ、コンパクトで狭いスペースでも導入可能です。

 

蛍光灯は、LEDの次に寿命が長いと言われています。

 

昼光色、白昼食、電球色の3色があり、スイッチを入れてから徐々に明るくなっていく仕様です。

 

購入価格はLEDより低いですが、長い期間使用する場合には、長寿命のLEDの方が結果的にお買い得です。

 

最後の白熱灯は暖色のあたたかな光が特徴で、調光機能にも対応しています。

 

購入価格は最もリーズナブルですが、電気代が高くなるのがデメリットです。

 

ご自宅にあった照明を検討しましょう。

 

 

まとめ

 

 

ダクトレールは、簡易取付を使用することで、誰でも手軽に挑戦できる照明器具です。

 

マンション購入後に自分好みの部屋にDIYをすることで、一段とおしゃれな部屋になりますので、もっとマイホームに愛着がわきそうですね。
 
 

株式会社もしも不動産では、東京都港区を中心に中古マンションをご紹介しております。  DIYしやすい中古マンションもございますので、理想に合うお部屋づくりをされるなら、ぜひご相談ください。