マンションの収納をリフォームする際のヒントになるDIYのアイデア集

マンションの収納をリフォームする際のヒントになるDIYのアイデア集

 

中古マンションの収納は、古い間取りに対応していて現代のライフスタイルにマッチしないことがあります。
しかし、そこをDIYでアレンジすれば、家族のライフスタイルに合った空間を作ることができますよ。
たくさんある荷物を整理できるだけでなく、部屋の広さや見栄えも改善できて一石二鳥です。

そこで今回は、既存の収納スペースを活用したDIYのアイデアや、新たなスペースの作り方を紹介します。




おすすめの収納DIY:クローゼット編

おすすめの収納DIY:クローゼット

 

収納スペースとして活用されているクローゼット。
家族が増えるほど、衣類も増えてしまいますし、スペースが多いほど嬉しいですね。そこで、クローゼット収納のDIYをご紹介します。

 

 

 

 

縦の空間を活用する

クローゼットは保管する衣類の長さによって、下部にデッドスペースができてしまいがちです。その部分に衣装ケースを置いても良いのですが、しまうものによって柔軟に変更できる稼働棚を作ると便利です。
クローゼットの側面に棚受けを設置すれば、好きな高さに棚板を置くことができますよ。棚板はあえて固定せず乗せるだけにすることで、上下段で奥行きを変えたり、引き出して扱ったりすることも可能です。

 

ワイヤーネットの利用

壁面にDIYでワイヤーネットを設置すると、より自由度の高い収納になります。
カバンや帽子・ネクタイやベルト状の軽いアイテムを吊り下げやすいですし、ボックスを取り付けると小物入れにもなりますよ。
見た目をスマートにしたいなら、ワイヤーネットの代わりにアイアンバーを使うのもおすすめです。保管する物によっては、ワイヤーネットよりもすっきり見せることができます。

 

突っ張り棒の利用

備え付けのハンガーパイプだけでは足りなくなったら、突っ張り棒で増やすことができます。子ども服や丈の短い衣類なら、備え付けのパイプハンガーの下に突っ張り棒を設置しても、服の裾が床につく心配もないでしょう。
ただし、突っ張り棒だけでは衣類の荷重に耐えられず、時間が経つとたわんで落下する恐れがあります。そのため突っ張り棒を選ぶときは、バネが内蔵されているタイプなら、たわんでも落下しにくく安心ですよ。
さらに、サポートポールで中央付近を支えればたわみ防止になるうえ、サポートポール自体が区切りになるので、左右で使用目的を変えたいときにもおすすめです。

 

枕棚を取り除く

ハンガーパイプの上にある枕棚を取り除く方法もあります。
ここは手が届きにくくデッドスペースになりがちですから、枕棚を外してハンガーパイプや突っ張り棒を増やした方が空間を有効に利用できます。




おすすめの収納DIY:押し入れ編

おすすめの収納DIY:押し入れ

 


押し入れはもともと、布団を片付ける目的で作られていますが、現代のライフスタイルでは上部や奥にデッドスペースが生じやすいです。そこで押し入れは、収納したいものに合わせて仕切り方を変えるのがおすすめです。

上段と下段を分けている板は釘抜き、バール、金槌で外せますよ。まず、板と壁の縁にある雑巾ずりを取り除きます。
※雑巾ずり…押し入れの板や床と壁の間に取り付けられている木材のこと。
板は中桟に釘打ちされているので、下から金槌で持ち上げるように叩くと外れます。中桟とかまちも釘打ちされていますから、バールや金槌で取り除くことができます。
これら板材もDIYの材料に転用できるので、綺麗に取り外すようにしましょう。

 

 

 

 

クローゼットに変更する

押し入れのDIYで多い例は、クローゼットにリフォームする例です。
中段の板を取り外してハンガーパイプを設置すれば、ロングコートもそのまま吊るせますよ。さらに天袋の板も外してしまえば、スキー板のような長いものも保管できて便利です。

 

スライド式収納を取り付ける

奥行きを余すことなく活用するなら、スライド式収納が便利です。
作り付け家具のようにしても良いですし、引き出しタイプの衣装ケースを活用するのもお手軽です。
また重たいものを保管する際は、キャスター付きの多目的ボックスなら出し入れが簡単になります。

 

二重構造にする

押し入れの奥側が他の部屋に面しているなら、壁を抜いて両面からアクセスする二重構造にできます。
あるいは縦半分に仕切りを設けて、クローゼットとして分割するのもおすすめです。
もともとの奥行きがありますから、2ヶ所で共有する形でも十分な収納力を確保しやすくなりますよ。

 

部屋の一部にする

押し入れの中にデスクやベッド等を配置して部屋の一部にすると、収納と機能性を兼ね備えたリフォームが可能です。
ポイントは居室部分と壁や床の風合いを合わせることで、部屋の統一感を演出できますよ。
使用しないときは、扉やふすまを閉めてしまえば目隠しになります。




おすすめの収納DIY:リビング収納編

おすすめの収納DIY:リビング収納

 


リフォームで盲点になりがちなのが、リビング収納です。
もともとの間取りにもクローゼットやストレージが乏しいケースが少なくないため、棚などの家具で空間が圧迫されがちです。

そこでおすすめなのが、和室スペースを兼ねた小上がりです。

 

 

 

 

小上がりとは?

小上がりとは、居室の一角を段差で区切ったスペースのことです。スキップフロアとも呼ばれ、簡易的な部屋の仕切りとして有効です。
また小上がりの内部を収納スペースとして活用できるうえ、床上に畳を用いれば和室のように生まれ変わります。床下は引き出しタイプや、畳を外して上部から出し入れするタイプがあり、オフシーズンの家電や大きな荷物の保管にぴったりです。
小上がり全体をふすまなどで囲めば、寝室と兼ねた空間になり便利です。

 

高さのある小上がりにする

小上がりの平均的な高さは30〜40cm程度で、このくらいの高さがあれば何かをしまうスペースも十分に確保できます。もう少し高さが欲しい場合は、2~3段くらいの階段を付けて上り下りできるようにリフォームすると、小上がりとリビングの行き来が苦になりません。
高さがある小上がりにすることで、通常では入らない家電置き場として使うことも有効ですし、スーツケースのような大きな荷物の出し入れも簡単です。
そして仕切りのアレンジ次第では、第2の部屋のようにメリハリをつけることができます。

小上がりを設置する際の注意点

 

小上がりの面積を広く取れば、それだけ下部の収容量を増やすことはできますが、手前部分以外は上開きで出し入れすることになります。
座卓などを置いてしまえば、開閉の度に移動させる必要があるので何かと手間です。
そのため結局は、スライドで出し入れできる手前側しか使わないことになりがちです。
そこでたまにしか使わないもの(季節飾りのクリスマスツリーや、ひな人形等)をしまう場所にするといった工夫が必要です。

リフォームは業者依頼も検討するべき

 

小上がりはDIYで設置するのが難しいです。
不可能ではありませんが、家族が部屋として過ごす空間ですから、リフォーム業者に依頼して安全な造りにすることが不可欠です。
また最近では、小上がり畳ユニットも人気です。各ユニットはボックス状になっているため、置くだけで工事は不要です。
組み合わせ方次第で掘りごたつ風やL字型など、模様替えにも対応していますよ。このような畳ユニットでサイズが合わないときは、専門業者への依頼を検討しましょう。



まとめ

DIYで収納を増やしたいときのおすすめアイデアを紹介しました。
自身でアレンジが容易ですから、中古マンションを購入したらぜひ挑戦してみてください。
株式会社もしも不動産では、東京都港区を中心に中古マンションをご紹介しております。

DIYにご興味がある方向きの物件も多数ございますので、ぜひご相談ください。

お問い合わせ