マンションのDIY!自分でDIYできる範囲は?

近年、中古物件を購入してリフォームするリノベーションが流行していますが、自由に手を加えられるわけではありません。

 

マンションの場合、共用部分はDIYできませんし、専有部分でも規約や構造などによりDIYが制限されます。

 

今回は、マンションのDIYできる範囲についてご紹介します。

 

マンション共用部分

 

マンション共用部分のDIYは基本的にNG!

 

廊下や玄関の外側など、マンションの共用部分は、基本的にDIYできない部分となっています。

 

また、一般的に専用部分とされるベランダやバルコニーなども、基本的にはDIYできないので、注意が必要です。

 

なお、壁や天井なども共有部分なので、許可なく隣り合う2住戸の壁を取り除いて一戸にすることもできません。

 

マンション専有部分のDIYは基本的にOK!

 

1.専有部分は基本的にDIYできる

 

所有しているマンションの専有部分であれば、設備を変えたり壁紙の上からペイントしたりするなど、ある程度は自由にDIYできます。

 

ただ、作業音が発生するDIYを行う場合は、近隣住民とのトラブルを防ぐため、事前に隣近所の住人へ挨拶しておいたほうがよいでしょう。

 

なお、一般的に専有部分とは、玄関ドアの内側から窓のサッシの内側を指すので、それ以外の部分は許可なくDIYしないようにしましょう。

 

2.DIYする前に規約を確認する

 

カーペットからフローリングの床へ変更できないなど、専有部分でもDIYを制限されることがあります。

 

あらかじめ管理規約・使用細則を確認して、DIYして問題ないかどうか確認したほうが安心です。

 

不明点がある場合は、トラブルを防ぐため、管理会社・大家へ確認してみることをおすすめします。

 

マンション構造でDIYできない場合も!

 

マンション構造

 

管理規約・使用細則だけでなく、構造上の問題でDIYできない場合もあるので、あらかじめ構造を確認する必要があります。

 

たとえば、複数の柱で建物を支えるラーメン構造の場合、間取りを変えやすいと言われていますが、柱を取り除くDIYはできません。

 

大がかりなDIYを行う場合は、念のため専門家に相談して、DIYが可能か確認するとよいでしょう。

 

まとめ

 

以上、マンションのDIYできる範囲についてご紹介しました。

 

所有しているマンションの専有部分でも、規約や構造などによりDIYが制限されることがあるので、あらかじめ確認することをおすすめします。

 

確認不足のままDIYをすると、トラブルになることがあるので、なるべく管理会社・大家・専門家などに確認しながら進めて行くとよいでしょう。

 

株式会社もしも不動産では中古マンションもご紹介しておりますので、DIYができるマンションをお探しでしたら是非お問い合わせください!